ジェネリック医薬品の正しい知識を得よう

世界中で利用されている

ジェネリック医薬品の正しい知識を得よう

厳しい審査をクリアして発売されている

ジェネリック医薬品という言葉自体はかなり日本でも知られていますよね。

ジェネリック医薬品が日本で本格導入されたときはCMなどがバンバン流されてまずは一般消費者に知ってもらうということで広告も大々的にうたれたと思いますのでジェネリック医薬品という名前ぐらいは聞いたことがあるという人も多いはずです。

しかし、ジェネリック医薬品に対して名前ぐらいは知っているけれどあまり詳しくは知らないという人も多いでしょうし、なんとなく安くなるから利用しているという人や処方してくれる先生からこっちのほうが安いですよって言われているからなんとなく購入しているという人も多いです。

むしろほとんどの人がジェネリック医薬品に対してしっかりとした認識をしていないですよね。

中にはジェネリック医薬品を知らないことが不安となってしまってジェネリック医薬品は効果がないとか、消費期限切れた薬などと間違った認識やデマが流れています。

まず最初にジェネリック医薬品は効果がないわけでも消費期限が切れた薬でもありません。

ジェネリック医薬品というのは先に発売された新薬の“特許期限”が切れた医薬品です。

薬は新しい薬として認められた医薬品の場合20年近くは独占的に販売をする事が認められています。

その代わり成分を公開したり製造方法も全て公開する必要があります。

このジェネリック医薬品というのは独占的に販売出来る期限が切れて他の製薬会社でも名前を変えて販売することが出来る医薬品のことなんです。

ではなぜジェネリック医薬品を他の製薬会社が販売をするのかというとそれは製造期間と費用を圧倒的に抑えることが出来るからです。

本来、新しい薬を作るというのはものすごい時間とお金がかかります。

何度も失敗を重ねてはまた新たな方向性をチャレンジをして何度も何度も試行錯誤を繰り返すのです。

新薬を作るのに10年以上かかることも珍しくありません。またコストに関しても100億円以上かかることもあります。

そして必ず成功するというものでもなくて途中で計画が頓挫してしまうこともあるので、新しい薬を開発するというのは製薬会社としてもリスクが大きいのです。

もちろん有名な話ではありますが、バイアグラのように最初は狭心症の治療薬として開発が進んでいて途中で開発が思うように行かなくなって途中でED治療薬に開発をシフトチェンジをしたという事例もありますが、それは稀な話と言えるでしょう。

あまりにもリスクが大きいわけです。

その点、新薬というのはすでに開発をされていて効果も実証されています。

また特許なども公開しているので製薬会社としても作りやすいというメリットがあります。

ジェネリック医薬品の場合は開発~商品として販売をするのに大体3年ほどで、開発コストに関しては10分の1程度で済むこともあります。

そのためジェネリック医薬品を開発して販売をしても十分にメリットがあるのです。

ただ他の製薬会社が作ってもいいと言われていますが、当然販売をするとなると厳しい審査基準があります。

日本の審査基準はかなり厳しいため許可がおりるまでに何度もチェックが入ります。

それをクリアして販売されるのです。

特に成分が同じかどうか?薬を作る場所は清潔に保たれているのか?新薬と同等の効果が体内で起こるのかなどは特に厳しいです。

だからこそ開発から販売までにジェネリック医薬品といえども3年近くかかるわけです。

ジェネリック医薬品が効かないという人は“消費期限が切れた”というデマを信じ込て効かないと思い込んでいるのかもしれません。

もちろん薬には相性があり人によっては効かないという人も確かにあります。

しかし、一方的に効かないというのは間違った認識です。

ジェネリックはあくまでも独占販売期間を経て他の製薬会社が厳しい審査を受けて許可されたものが販売されていますので是非とも覚えておきましょう。