予期せぬ事態!緊急避妊ピルを服用方法

万が一に備える

予期せぬ事態!緊急避妊ピルを服用方法

辛い副作用があることを覚悟する

彼氏と性行為中にコンドームが破けてしまったり、酔って気づいた時に避妊具をつけていないことに気付いてそのまま射精をされてしまったという経験からアフターピルを服用しようと思った人もいるでしょう。

大好きな彼氏と将来的には一緒になりたくても今はまだ結婚とかは考えられないし、子供なんて責任が持てないし、もっと2人の時間を大切にしたいとか、将来にむけて貯金をしたいと考えている人もいるでしょう。

冷静に建設的に将来設計を考えた時に予期せぬ事態になってしまうのは何とか避けたいと思うのは当然のことでしょう。

男性の「責任は取る」という言葉を嬉しく思うかもしれませんが、やはり将来への不安だったりを考えるとやはりアフターピルを服用するのが一番確実な方法と言えます。

また許しがたいことですが、女性は圧倒的に弱い立場でありいきなり知らない人に無理やり襲われてしまうというケースも考えられます。

精神的ショックを受けながらさらに子供まで出来てしまったとなってしまった場合、堕ろすとなると金銭的負担はもちろんのこと女性の精神面や肉体面にも大きな負担となってしまうわけです。

何かあってからでは襲いということで女性はまずは1錠持っておく必要があります。

後手に回ってしまって取り返しのつかないことになったらとても大変なことになります。

アフターピルの場合は射精をされてしまってからなるべく早い段階で服用することがとても大事です。

今現在病院で処方されている緊急避妊薬は約3日間の間に服用しないと効果がなく、医薬品個人輸入代行サイトで購入できる最新の薬の場合は5日間以内に服用すれば(95%)の確率で避妊が成功すると言われています。

それでも早く服用すればするほど避妊の成功率は高くなるのでまずはすぐに服用することが大事です。

どうしようかと迷っているよりかは素早くアフターピルを服用することが大事です。

アフターピルの服用法にはノルレボ法とヤッペ法の2つの方法があります。

昔はヤッペ法というのが主流でした。

ヤッペ法とは古くから日本で行われている緊急避妊薬であり、72時間以内に女性ホルモンの含有量を超えるように1度服用します。

その12時間後に2度目の服用を行う方法です。

しかし、今現在ではノルレボ法が負担も軽く避妊率も高いということでノルレボ法が主流となっています。

ノルレボ法は妊娠の可能性がある性交の終了から72時間以内に1錠を緊急避妊薬を服用します。

ヤッペ法と比べて高い確率で緊急避妊を行えるのが特徴です。

ノルレボ法と比べてヤッペ法は副作用が発現しやすいですし、2錠服用しなければいけないということで手間がかかる割りに避妊率もノルレボ法よりも低いのでわざわざヤッペ法を利用する必要はないと思います。

やはり緊急避妊薬を服用する際に気をつけて欲しいのが副作用がかなり辛いということです。

男性はヤバイと思ったらアフターピルでも服用すればいいんじゃない?って軽はずみにいうかもしれませんが、女性の体に影響は出ます。

特にアフターピルを何度も服用するようなことは絶対にしてはいけないと言われています。

主な副作用としては

  • 吐き気、嘔吐
  • 生理痛と似た腹痛
  • めまいや頭痛
  • 胸のハリや痛み

などが考えられますが、他にも人体に様々な悪影響を与えるといわれていますので基本的にはよっぽどのことがない限り服用しないほうがいいでしょうし、相手が避妊をしてくれないというのであれば低用量ピルを服用しておくことが望ましいでしょう。

アフターピルを服用した際に気をつけなければいけないのが強烈な吐き気から嘔吐してしまうことがありますが、2時間以上耐えられないで嘔吐してしまった場合はもう1錠服用しないといけません。

またアフターピルを服用して安心!ではなくて出きる事ならば女性専用クリニックなどで診察をしてもらうようにしましょう。

なかなか女性クリニック行って緊急避妊薬を下さいというのは勇気がいると思いますのでそんな時は医薬品個人輸入代行サイトを利用して購入しておくことが望ましいです。

医薬品個人輸入代行サイトの場合は注文をしてから届くまで2週間以上かかると思っていいので手元に緊急避妊薬がないのであれば病院にすぐ向かう必要がありますので緊急避妊薬を処方してもらえる女性専用のクリニックも調べておくことをオススメします。

何事もなく終わるのが一番ですが、やはり一番は万が一に備えておく必要もあります。